納得できる理由が見つかる!都市部で屋上緑化が進んでいるワケ

環境改善に効果がある屋上緑化の取り組み

都市部では屋上緑化を導入する建物が増えてきました。ビルなどの屋上を緑化すると、ヒートアイランド現象などの環境悪化を軽減させる効果があります。都市部ではコンクリートやアスファルトに熱がこもり、気温が高くなる傾向が強いです。そこで屋上緑化で緑を増やし熱を発散させて、都市部の過熱化を防ぶ効果が得られるでしょう。これまで住みづらかった都市空間も、屋上緑化がこれから進めば暮らしやすい場所へと将来は変わります。

緑に触れ合える機会が増える屋上の緑化

山野が多い地方に比べると、都市は緑が少ない傾向にあります。自然が感じられない都市での暮らしに、息苦しさを感じている住人は実は多いです。しかし土地資源が限られた都市で緑を増やすのは簡単な事ではありません。そこでこれまでは活用されてこなかった建物の屋上を利用し、緑を増やす取り組みが活発化しています。ごく身近に自然と触れ合える場所が屋上緑化により設けられるため、これからの都市の暮らしでは精神的に余裕が生まれるでしょう。

屋上緑化で可能な建物の保護

ビルなど建物の屋上を緑化する効果は、建物自体にも及びます。建物は紫外線や風雨に常にさらされるため劣化が進んでいます。しかし建物の屋上を緑でカバーする方法により、劣化を防ぐ効果が得られるでしょう。紫外線などの建築物を劣化させる原因を植物が代わりに引き受けるため、その分だけ建物が長持ちします。屋上緑化によって建物自身にメリットがあると広く知られるようになると、屋上の緑化活動に関心を持つオーナーが増やせます。

建物の屋上に樹木や芝生を植生させる屋上緑化は周囲の環境を改善できる一方で維持費が嵩み、建物に重みが加わる問題があります。長く続けるためには支出を抑える工夫を施し、建物の補強工事を行うことが大切です。